購入を検討中の人必見!注文住宅と土地探しの豆知識や基本情報をご紹介します!

このサイトでは注文住宅を購入する予定のある人たちが必要な情報を掲載しており、土地探しから始まる計画に関する豆知識や基本情報をご紹介します。
業者選びで迷うことも多いのですが、建てたら終わりではなくその後のメンテナンスも必要ですので、アフターサービスが充実している業者を選ぶことの重要性も解説しており、資金調達で大事なことも述べています。
大きなお金が動きますので、後悔の内容にたくさんの情報に目を通しましょう。

購入を検討中の人必見!注文住宅と土地探しの豆知識や基本情報をご紹介します!

注文住宅を建てる時には、事前に知っておいた方が良い豆知識があります。
土地探しでは地盤調査等もしなければなりませんし、住みたい町に見つけるのが大変なこともありますので、ハウスメーカーに任せた方が無難です。
あらかじめ予算と大まかな地域を伝え、候補があがったら確認します。
土地が用意できたらようやく注文住宅づくりの計画に取り掛かりますが、現在ではシミュレーションを簡単にできるようになっていますので、何度も納得がいくまで繰り返すのがお勧めです。

注文住宅は土地選びから設計デザインまでフルオーダーの世界に一つの特別な住まいです!

注文住宅の最大のメリットは、フルオーダーで世界に一つだけのオリジナルの家を作ることが出来る点です。
新築一戸建てという事では分譲住宅という選択肢も有りますが、こちらの場合はすでに出来上がっている物であったり、企画があってこれから建てられる時に購入することになります。
ちょっとしたオプションが変えられる場合も有りますが、基本的には作られたものです。
注文住宅であれば1から全て決めることが出来ますし、土地から始まり設計や間取、そして外装や内装などデザイン的なことまですべて決められます。
思い通りの家にできるというのが最大のメリットですし、アイディアを形にする事も出来ます。
まずはハウスメーカー選びから始めることになりますが、即決することなくいくつかで見積もりを出してもらい検討する事をお勧めします。
費用は少しばらつきが出ることも想定されますが、安ければ良いというわけではありませんし、まずは色々と検討していきましょう。

注文住宅の土地選びは日当たりや病院や駅が近い立地条件を選ぶことが大事です

夢のマイホームを考えている人は多いはずです。
金銭面的なこともありますが、やはり立地条件でしょう。
すなわち土地選びは大変大切なことなのです。
値段がいくら安いからといって立地条件が悪いと後悔してしまいます。
一生快適に住んでいく場所ですからよく勘案しながら選んでいきましょう。
まずは静かであるということです。
騒音で悩むと精神的につらいものがあります。
日当たりが良いという条件も必要です。
日当たりが悪いと住む感じがしなくなっていきます。
住むというモチベーションアップにむすばなくなります。
他にも医療機関や学校などに近いといったこともあります。
人によって価値観や考え方は違いますが、基本的にはくだんのようなことです。
注文住宅を考えている人はまわりの環境をよく調べておく必要があります。
注文住宅は場合によっては格安もありますが、まわりの土地柄をよく知った上で購入しましょう。
快適を求めるなら自分が満足するまで見つけていくことです。

注文住宅建築の流れは土地選びに売買契約など建売住宅よりも準備も膨大で多忙を極めます

注文住宅を手に入れる場合に注意しなければならないことは、建売住宅より入居するまでの流れの中で準備すべきことが非常に多いことです。
最初に予算の検討をして資金調達方法を決めることは建売住宅の場合と同様ですが、注文住宅の場合は不動産会社だけでなく、施工会社を選んで土地を探し、売買契約を結ばなければなりません。
それが終わると、建物の設計や間取りについて施工会社などと相談をし、見積もりをとってもらう必要があります。
また、土地探しや建物のプランを決めるのと並行して行う必要があるのが、住宅ローンに関する手続きです。
つなぎ融資の分も含めて審査の申し込みをタイミングよく行わないと、融資が実行されるタイミングが遅れて、業者に対する代金の支払いも遅れてしまいます。
入居したい時期を具体的に決めている場合は、入居が可能になる時期の遅れにもつながります。
仕事や他の物事をこなしながらの準備となるため忙しくなりますが、後々注文住宅を建ててよかったと思えるように、作業はひとつひとつ着実に行いましょう。

注文住宅のスケジュールは一年から一年半前から余裕をもって計画しよう!

注文住宅を発注する際は全てが計画通りに行くとは限らないことから、概ね一年から一年半程度の余裕を持って計画するのがおすすめです。
例えば大雨や台風などの災害が発生した場合には、作業員の安全を重視することから工事を延期することがあります。
また、交通事情などから資材の到着が遅れたり、届いてみたら破損していて再発注するケースも無い訳ではありません。
特に注文住宅では依頼人からの要望が数多く反映されるため、いくらベテランの職人であっても初めて見る素材、工法での施工を求められる場合もあり、正確な納期を算出するのが困難な場合もあります。
ここであらかじめ設定していたスケジュールに無理に合わせようと急がせると、施工不良や事故など何かしらのミスが誘発される可能性もあります。
そのため、多少の延期があっても職人が最も力を発揮できるペースで施工してもらっても構わないというぐらいの余裕のある気持ちで、じっくりと丁寧に仕上げてもらった方が中長期的にはお得になります。

著者:安武

筆者プロフィール

滋賀県大津市生まれ。
ハウスメーカーで注文住宅の販売経験あり。
不動産ネタが得意なライター。
憧れの注文住宅